四角顔が気になります・・・。

四角がおってなあに?


 四角がおと言われる方は

額が横にはっている
○顔が大きく見える
○頬骨がでている

○顎・エラがしっかりしてきた
 
などを言われる事が多く、帽子や髪型に悩まれる方も多いようです。


幼少期から気になられる方から、
最近前よりとても気になるようになってきたと言われる方まで様々です。

四角顔の原因は?
 

顔が四角く感じる原因としては一般的に、
 

加齢による表情筋、皮膚のたるみ
○表情のくせなどによる筋肉の発達
○元来の生まれもったほねの形

 

などが言われているようです。

四角顔に対して当院の見解と施術内容・経過は?
 

四角がおが気になるということでのご来店のお客様は
施術結果や経験より、頬骨や頭の形顎周りのかたさゆがみなどの
頭蓋骨のゆがみに原因があることが多いようです。
 

これらの頭蓋骨のゆがみは、加齢による変化や、
幼少期からの表情癖の影響が強いことが多いようです。
 

四角がおが気になるということで、
ご来店のお客様に対して、頭蓋骨矯正にて対応させて頂いております。
 
頭蓋骨のゆがみにより、本来周りを覆っていた
皮膚や脂肪などの組織も潰されたるみやシワとして表面に現れます。
 

頭蓋骨は様々な骨の集合体となっており、
個々の骨の形を変えるのではなく、
骨と骨の間の傾きや並びを調整することで
皆様が気にされている外見・形に変化をもたらすようとりはからいます。
 

頭蓋骨のゆがみに対し、もともとご自分の個々の骨で形成される
健康的な範囲の形へ調整していきます。
 

初回矯正後、歪みを引き起こしたと考えられる日常生活の姿勢、癖をお伝えし、
よりよくなるために最低限必要な運動や姿勢指導を行うことで戻りをなくし、
日常生活での更なる改善を図ります。
 

一度の施術によって、多くのお客様
四角がおという症状の改善をご実感されております。
 

えら張りのご症状を特別強くお感じの方
えらはり・受け口などの下顎の特徴や出っ歯・上顎前突などの上顎の特徴は表情筋・姿勢筋による筋肉癖で影響強く形成されていることがとても多く見られるため、頭蓋骨矯正施術後は改善させる方向への筋肉がとても働きやすい状態とはなりますが、
根本的な改善へは、ご本人による筋肉癖改善の意識努力がとても多く必要となりますことをご理解ください。

メモ: * は入力必須項目です